鬼滅の刃遊廓(遊郭)編ネタバレあらすじ!小さい子は見て大丈夫なの?

地上波放送の「劇場版 鬼滅の刃・無限列車編」の余韻もまだまだ残る中、待ちに待ったテレビアニメ「鬼滅の刃第2期・遊郭編(遊廓)」の放送開始日が発表されましたね!

SNS上やネットニュースでも、「待ってました!」「今から楽しみ!」と第2期放送日解禁の話題で持ちきりです。

しかし、その一方で「遊廓(遊郭)」が舞台ということもあり、小さいお子さんがいるご家庭では「こどもに見せても大丈夫なの?」と不安の声も上がっているようです。

そこで今回の記事では、

◎鬼滅の刃・遊廓(遊郭)編の放送開始日
◎鬼滅の刃・遊廓(遊郭)編のあらすじ
◎鬼滅の刃・遊廓(遊郭)編は小さい子は見て大丈夫?
について解説していきます。
今回の記事の目次

鬼滅の刃・遊廓(遊郭)編の放送開始日

鬼滅の刃・遊廓(遊郭)編の放送開始日はこちらです。
今から待ち遠しいですね!
日曜の夜遅くからの放送のため、ちびっこ達は次の日の事を考えると、録画して見る方が良いかもしれません。

全国フジテレビ系列
・2021年12月5日(日)23:15~開始
TOKYO MX・BS11・群馬テレビ・とちぎテレビ
・2021年12月11日(土)23:30~開始

鬼滅の刃・遊廓(遊郭)編のあらすじ

今回放送が開始される「鬼滅の刃・遊廓(遊郭)編」は単行本でいうと「8巻(第67話)」からの話となります。

ネタバレ含むあらすじを少しだけ紹介します!

◆無惨は成人男性の姿から風貌を小さな子供の姿に変化させ、金持ちの家の養子として暮らしていました。
そこに、無限列車での煉獄さんの戦いから戻った猗窩座が「青い彼岸花は見つからなかった」ことと、「柱を始末した」ことを報告します。
報告を聞いた無惨は「なぜその場にいた鬼狩り全員を始末しなかった?」と激怒。
無惨の望みは鬼殺隊の殲滅であり、一人残らず始末しなかった猗窩座に「失望した」と言い放ちます。

◆炭治郎は、傷が癒えていない状態のまま、煉獄(※本来は火+東)さんの遺言を伝えるため煉獄家へと出かけます。
そこで「始まりの呼吸”日の呼吸”」というものがあることを知ります。
しかし、始まりの呼吸が記された「歴代炎柱の書」は煉獄さんの父によってずたずたに破かれており、詳細は分かりませんでした。

◆煉獄さんの弟「千寿郎」が「歴代炎柱の書」の修復を約束し、煉獄さんの形見である「日輪刀の鍔」を炭治郎に手渡します。

◆煉獄さんの死から4ヶ月が経ち、炭治郎たちは毎日訓練をしながら、合間に入るカラスからの指令に従い、それぞれ鬼退治に出かけていました。

◆そんな中、元忍である音柱・宇随天元(うずい・てんげん)が遊廓(遊郭)で人々が消えているという情報を聞きつけ、3人の嫁を遊廓(遊郭)に潜入させていました。
3人の嫁は優秀な「くの一」で、潜入捜査はお手の物。
しかし、突如3人とも消息不明となり、失踪事件に関係する定期連絡が途絶えます。

◆そこで宇随天元は「炭治郎・伊之助・善逸」を女装させ、遊廓(遊郭)に潜入させます。
とても女とは思えないほど「不細工」に化粧されてた3人。
何とか3件の「鬼が巣くっている」と思われる怪しい花魁屋に別々に潜入することに成功しました。

◆炭治郎の潜入した花魁屋には、宇随天元の嫁である「須磨」が、足抜けした(逃げた)ことになっていました。

◆伊之助が潜入した花魁屋では、宇随天元の嫁である「まきを」が具合が悪いと部屋に閉じ籠もって出てこなくなっていました。

◆そして善逸が潜入した花魁屋では、絶世の美女として有名な「蕨姫花魁」がおり、善逸はその花魁が上弦の鬼「堕姫」だと気づきます!!
しかし、善逸自体も鬼殺隊であることがバレてしまい、いよいよ上弦の鬼「堕姫」との決戦に入るのでした。

◆善逸と連絡が途絶え、宇随は敵が上弦の鬼であると確信します。
戦いに備え、恩人の鯉夏花魁のもとへあいさつに向かうと、その場に堕姫が現れます。
炭治郎は戦闘中に水の呼吸の適性がないことに気づき、ヒノカミ神楽で死闘を繰り広げます。

◆その頃、伊之助は地下にある堕姫の巣穴へ突入します。
そこで、堕姫の血気術で帯の中につかまった善逸と、まきを、須磨の3人を救い出し共闘。
しかし、他の帯にとらえられた人質を守りながらの戦闘に苦戦します。

◆伊之助に焦りが見え始めた時、宇随が地上から颯爽と登場。
宇随は3人を救い出し、善逸と伊之助と共に急いで炭治郎のもとへ向かいました。

◆炭治郎はヒノカミ神楽を駆使し、日の呼吸を使って必死に応戦。
一度は堕姫を追い込みますが、体力はすでに限界を超え、命の限界すら超え、倒れてしまいます。

◆限界を超え倒れた炭治郎を堕姫が殺そうとした瞬間、今度は禰豆子が助けに入ります。
禰豆子は怒りに我を忘れ、無惨の血が濃い堕姫と共鳴するように「上弦レベルの力」を発揮。

◆我を忘れた禰豆子からは生来の優しさは感じられず、堕姫を踏みつけながら笑みを浮かべています。
禰豆子は力を使い過ぎ、近くにいた遊女にまで襲い掛かろうとします。
炭治郎は暴れる禰豆子を必死で制し、そこへ宇随がかけつけ、一瞬で堕姫の首を落としてしまうのでした。
暴れる禰豆子を見て、宇随は「子守歌でも歌ってやれ」と炭治郎に伝えます。
炭治郎は半信半疑のまま、子守唄を歌うとなんと禰豆子は正気を取り戻し、大泣きしながら小さい子供の体に戻り、寝ていくのでした。

◆宇随は堕姫は弱すぎるため、探していた鬼では無いと判断。
その場を立ち去ろうとします。
しかし、堕姫は首を日輪刀で落としたというのに、肉体が消滅せず大泣きしています。

◆大泣きする堕姫が「兄」を呼ぶと、なんと堕姫の背中から兄である上弦の陸「妓夫太郎」が出てきます。
宇随は彼の血気術「血鎌」の攻撃を受け、猛毒に犯されます。
少しずつ毒がまわる宇随。

◆堕姫と妓夫太郎の2人を相手する宇随のもとに、炭治郎・善逸・伊之助が加勢し戦いは激しさを増すのでした。

◆炭治郎は妓夫太郎に恐怖を感じます。
宇随は3人を「優秀な俺の継子」だと鼓舞。
さらにこの戦いを攻略するには「堕姫と妓夫太郎、2人の首を同時に斬ること」だと伝えます。
その力強い宇随の言葉に、炭治郎は「煉獄」の面影を見るのでした。

◆2人の首を同時に斬ることを見ぬ気はしたものの、今までそれができた鬼狩りは一人もおらず、死力の戦いが始まります。
「伊之助・善逸vs堕姫」「炭治郎・宇随vs妓夫太郎」に分かれて戦いますが、堕姫の額にある目を通じた見事な連携に追い詰められていく炭治郎たち。

◆雛鶴の「毒クナイ」が突破口を開き、炭治郎は「水の呼吸とヒノカミ神楽」を混ぜる方法を編み出します。
しかし、決定打を放つことはできません。

◆炭治郎・善逸・伊之助の連携で堕姫の首を斬ったものの、伊之助は妓夫太郎の血鎌で刺され、持っていた首も奪われます。
炭治郎がもといた方向を見ると、左腕の肘から下を失い横たわる宇随の姿が!
善逸は瓦礫に埋もれていました。

この続きのあらすじは「✔あわせて読みたい」の「アニメ化は難しい?理由とネタバレ!」に掲載中↓↓↓↓↓

鬼滅の刃・遊廓(遊郭)編は小さい子は見て大丈夫?

小さい子どもに大人気の鬼滅の刃。
続編である、「遊廓(遊郭)編」を楽しみにしている子どもたちも多いと思いますが、「遊廓(遊郭)」が舞台ということもあり、親御さんから

・子どもから「遊廓(遊郭)って何?」と聞かれたら、どう説明したらいいのか?

という声が上がっています。

「劇場版・無限列車編」も年齢制限が”PG12”となっていました。

PG12とは「12歳未満(小学生以下)の鑑賞には、成人している保護の助言や指導が適当」とされる区分です。

今回の「遊廓(遊郭)編」も、おそらくPG12相当ではないでしょうか。

PG12指定であることを考慮すると、結論としては、

・保護者の方の判断にゆだねられる
・事前に子どもと話し合って決めると良い

となりますね。

我が家にも低学年の子どもがいますが、放送前にきちんと子どもと話し合った上で見せようと思っています。
親としては正直あまり見せたくはありませんが見せないとなると、子どもが友だちとの会話に入れない可能性もあり中々悩ましいところです。

まとめ

戦闘シーンのハラハラさや、上弦の鬼「堕姫」の兄弟愛、二人に対する炭治郎の優しさなど見どころ満載の遊廓(遊郭)編!

鬼滅の刃の中でも遊廓(遊郭)編はとても人気で、Twitterなどでも「一番好きなエピソード」だという感想が多く投稿されています。

しかし、子どもに見せる場合は、各ご家庭の判断になりますが、家族で一度話し合い、教育的な助言や理解・認識をサポートしていく必要がありそうですね。

子どもと話し合って、家族みんなで楽しく鑑賞しましょう!

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

当サイトで使用しているWordPressテーマ

今回の記事の目次
閉じる