2022年占い【イヴルルド遙華】マインドナンバー「2」の性格・運勢・恋愛運

2022年の初めに自分の運勢を占った方も多いのではないでしょうか?

星ひとみさんやゲッターズ飯田さんの運勢占いは誰でも聞いたことのある人気の占いですよね。

「人気の占いは全部見た!」というそこのあなたに!ぜひおすすめしたいのがイヴルルド遙華さんのマインドナンバー。

イヴルルド遙華さんは代官山に「占いサロン」をかまえ、モデルや芸能人、経営者などが足しげく通っている知る人ぞ知るカリスマ占い師さんです!
性格占いや運勢、恋愛運をぜひ占ってみませんか?

今回の記事では、

凄腕占い師:イヴルルド遙華さんのマインドナンバー「2」の性格・運勢・恋愛運


について詳しく紹介していきたいと思います!

今回の記事の目次

2022年占い【イヴルルド遙華】マインドナンバーの調べ方

1.生年月日の数字を全て足していく。
例)1985年11月11日の人は「1+9+8+5+1+1+1+1=27」

2.合計が2桁の場合はさらに足す。
例)「2+7=9」

※ここで10以上になった人はさらに足して1桁にします。
例)「12の人は1+2=3」

2022年占い【イヴルルド遙華】マインドナンバー「2」の性格は?

マインドナンバー「2」はマジシャン
  • とにかくツイている人
  • 直観で行動する
  • ひらめき力が抜群
  • きらりと光るセンスがある
  • 周りへの影響力が絶大
  • 他の追随を許さない「プロフェッショナル」の素質アリ
  • リーダータイプ
  • 感性豊かで傷付きやすい
  • 心に余裕がなくなると感情の起伏が激しくなる
  • ダサいことが許せない
  • 家の中も常におしゃれ
  • 金運アリ

マインドナンバー「2」のマジシャンは「生きているだけで幸運の持ち主」
とにかくツイてる人が多く、出会い運も高くお金持ちや権力者とも縁が深い。

2022年占い【イヴルルド遙華】マインドナンバー「2」の運勢


2022年上半期のマインドナンバー「2」さんの運勢は、持ち前の感性を生かして自分のやりたいことを形にしましょう。

人の意見は気にせずに、自分の直感を信じて行動するのが吉。

もともとマインドナンバー「2」さんは決まりきった人生では物足りない「アーティストタイプ」です。

これからの数年間は運勢はあなたの味方。
特に「変わらない毎日」を送っているのであれば、運気の持ち腐れです!
どんどん行動に移していきましょう!

今の時代はネット上で人と繋がったり、発信してみたり、動画から学んだり、独立したりと何でもできる時代です。

今や副業やシェアワークは当たり前。
マインドナンバー「2」さんの持ち前の感性を生かし、人が思いつかないアイデアや、やり方でチャレンジしてみましょう!

上半期が特に「仕事」でのチャンスに恵まれる運勢なので、上半期の間にローリスクな方法から実行しましょう。

やってみたいことは思っているだけでなく、行動に移しましょう。
思っていることや願望など、周囲に言葉にして言うことで願望が叶いやすくなります。

しかし、同時に「引き」が強いため悪いことも引き付けてしまうこともあるので注意しましょう。

2022年は自分から運気を好転させるべく、いろんなことにチャレンジして、これからの種まきをしましょう。

2022年占い【イヴルルド遙華】マインドナンバー「2」の恋愛運

2022年上半期の恋愛運は図々しいくらいの勢いが恋の突破口になります。

恋愛でも「恥ずかしい」と思うより図々しくアピールしていきましょう。
反応が鈍かったり、無かったら身を引けばいいだけ。

どんなに好きでも振り向いてくれない相手のことは忘れて、一緒に楽しい時間を過ごせる相手を探しましょう。

あなたを理解してくれるような人でないと長続きはしません。

あなたには「優しい雰囲気で包み込んでくれる相手」との恋で幸せになれるでしょう。

まとめ

いかかでしたでしょうか?

今回の記事では、
凄腕占い師:イヴルルド遙華さんのマインドナンバー「2」の性格・運勢・恋愛運
について紹介しました。

マインドナンバー「2」さんはマジシャンでとにかくツイテいる人が多く「生きているだけで幸運の持ち主」のようですね。

2022年は、やってみたいことは思っているだけでなく、行動に移すことが大切です。
仕事も恋愛も前向きにどんどんチャレンジしていきましょう!

マインドナンバー「2」さんにとって素敵な1年を送ってくださいね!
最後まで読んでいただきありがとうございました!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

当サイトで使用しているWordPressテーマ

今回の記事の目次
閉じる